生活保護申請をすることで困窮した生活から脱出できる

生活保護申請を一発でクリアするために

頭を抱える

生活保護申請とは、生活に困窮した方に対して、お対象に住まいや生活、医療・介護など必要最低限の費用を公的に支出する制度のことです。申請には審査があります。その審査をクリアする為の条件や方法を解説していきます。

基本条件として、「最低生活費より収入が少ない」という状態であることが求められます。国が定めた生活費基準より少ない金額でないと認められません。
次に、「資産や負債がないこと」です。10万円以上の貯金や株券、または不動産や自動車をお持ちの場合は、原則処分してそのお金も生活費にあてる必要があります。
また、他の制度で国からの手当を受けていないかどうかも審査されます。年金やひとり親家庭への児童扶養手当などを受けていない事が条件になります。病気や怪我で働きたくても働くことができず、生活困窮なら生活保護申請の対象となります。

以上が基本条件になります。相談窓口へ行く際は、資産や負債の整理をしっかりと行ってから行くことをオススメします。

基本条件をクリアしていなくても、生活保護申請をすることができる場合もありますので、しっかりとネットや役所の人から情報収集をして下調べをすると申請許可が降りる可能性もあるので、本当に生活に困ってどうする事もできなければ、一度申請してみてもいいかもしれません。
生活保護は決して恥ずかしいものではないので、ぜひ相談してみてください。

少しでも困ったら生活保護申請を考えてみませんか

皆さんは、生活保護申請、と聞くとどんな印象を抱きますか。もう受給しているという方もいるかもしれませんが、ほとんどの方はお金が一銭も無く、本当に困窮した時に頼るものだと思っている方もいます。ですが、本来は生活保護の申請や、受給については健康な方でも若い人でも、一定の生活水準が満たされていなければ申請することが可能なのです。例えば就職活動をしているけれど、なかなか仕事に就けないという方でも生活保護申請をすることが出来ます。そうすれば受給を受けつつ、就職活動を続けることが出来ます。最近は経済状況の悪化などで、生活保護申請をしても受給は確実とは言えない状況ですが、一度、自分は受給資格があるのかどうかを調べたり、市役所の方に相談に行くなどをしても損はしないです。そもそも生活保護の根っこは、最低生活費を下回れば受給資格がある、ということになっているので、自分には関係ない、支援を受けれないだろうと思い込んでいる方でも、実は条件を満たしている場合があります。お金が減れば、生活をしていけるのかという不安で、ますます状況を改善するのが難しい方もいるでしょう。ですが、いざという時に頼れる支援があると思うだけでも状況は良くなっていくかもしれません。

生活保護申請前にチェックすること

生活保護制度とは、最低生活の保障と自立の助長を図ることを目的として、その困窮の程度に応じ必要な保護を行う制度です。
生活保護申請は国民の権利で、必要とする可能性はどなたにもあるものですので、ためらわずに自治体までご相談に行きましょう。
ここでは生活保護申請前に知っておきたい情報を記載していきます。
受給するための基本条件は、最低生活費より収入が少ない・持ち家や車などの資産を持っていない・年金や母子家庭の手当を受けていない・病気や怪我で動けないことです。
以上のことからわかるように資産があると受給できませんが、例外もあるので諦めずにまずは相談に行きましょう。
持ち家がある方は、基本的に売却して生活費に充てるよう指導されますが、持ち家の価値が低いと判断されれば受給できる可能性は出てきます。
他にあげられる資産としては、車やバイクも資産です。
こちらも持ち家同様、資産価値が低いと判断されれば持ち続けることができます。
そのため生活保護申請に行く前に、資産の価値を知っておく必要があります。
他には、借金がある人は生活保護の受給資格は実質ありません。
生活保護で受給したお金を借金返済にあてるのは法律違反になるためです。
このように条件をチェックして生活保護申請に行きましょう。

「自分に申請資格があるか知りたい」「そもそも生活保護制度の仕組みがよくわからない」という方は、一度【生活保護受給者向け住居支援センター】に相談してみると良いでしょう。制度や受給資格の説明が受けられるほか、場合によっては生活保護申請をサポートしてもらえる可能性もあるので、こうした団体の存在を覚えておくことをお勧めします。